2007年03月31日

その後の経過



この度はレオンのヘルニアで大変ご心配をおかけしました。


みなさんからたくさんの温かい励ましとお見舞いの言葉を頂いて

私もドンパッチも本当に励まされました。


こんなにも愛されてレオンは本当に幸せ者です。

そして私達も、みなさんの優しさと温かさに囲まれて幸せ者です。

お礼の言葉が見つからないほど心から感謝・・・。

本当にありがとうございます。


お陰様で、痛みも大分和らぎ、レオンは食欲モリモリ!!

元気復活してきました♪♪

椎間板ヘルニアと診断された時は正直とてもショックでしたが

初期の段階ということもあり、

薬を飲みながら安静にしていれば大丈夫とのこと。


元気になった分、今まで通り走ったりジャンプしたり、

ユウリと追いかけっこしそうになるで

しばらくはダメダメ攻撃が続きそうです。笑



現在飲んでるお薬はステロイド・抗生物質・ビタミン剤の3種類。

椎間板ヘルニアは神経を圧迫し、その周辺に炎症を起こします。


ステロイドというと副作用の怖い薬のイメージがありますが

痛みや炎症を抑えるには即効性があり特効薬とのこと。

非ステロイド系の薬より効果はバツグン。

自分も使っていた経験から、副作用が少し気になりましたが

徐々に量を減らし、来週には完全に服用ストップするので大丈夫です。


また、ステロイドの副作用として脱毛や多飲多尿があるそうです。

普段あまり水を飲まないレオンですが

今はジャンジャン飲んでジャンジャンオシッコしています。

気付くとさっき入れた水が空っぽになってたりして

「ヤバイヤバイ!」と慌てて入れた私。

2ヶ所に置いて、とにかく水を切らさないように気をつけています。

ま、飲んだ分出せばいいと思ってるのでそっちの心配はゼロ。


それから、ドッグスリング

買ったは良いけど実はあんまり使ってなかったのに

いやはや、ここに来て大活躍☆笑

病院に行く時やユウリのお散歩の時はスリングに入れて

カンガルー親子と化してます^^♪にゃはは



しばらく安静にして、また普段の生活も見直して、

できるだけ腰に負担をかけないよう注意しようと思います。

そして、これ以上悪化させないためにも心を鬼にして

ダメなことはダメともう一度しつけ直さなければ!と

気持ちを新たにしてるところです。


aaIMG_4097.JPG


心配ばかりかけてるレオユウですが

これからもどうぞ見守っていてくださいね。


本当にありがとうございました。



ニックネーム れおーり at 23:01| 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

バトル禁止令!!



夕べ、突然レオンの様子がおかしくなり
立ってもジっと踏ん張るような感じで動けなくなってしまいました。


シッポも丸まり、呼吸も何だか苦しそう・・・


しばらく様子を見てても復活しないレオン。
おやつで誘っても、「ブタミミ♪」言っても歩けない。


朝になったら森のクマさんに連れて行こうと思ったけど
考えてみたら水曜日は休診日じゃん!


「ダメだ!救急病院に行かなきゃ!」


夜中の1時過ぎ、夜間救急病院へ電話をし
「すぐ連れてきて下さい」と言われドンパッチと急行しました。


レオンの様子がおかしくなった状態や
心臓のこと、現在飲んでる薬のことなど一通り説明し、
先生に診てもらいました。

内心ドキドキでしたが、不整脈はあるものの
すぐにどうこうなる程の症状ではないとのこと。

しかも、家ではあんなに動けなかったくせに
先生に「歩いてごらん」って言われたら

げッ!スタスタ歩いてるじゃん・・・!


全然動けなかったのに〜!!


でも、ヘンなトコだけ賢いレオン。

病院では痛いことされないように
「オイラ元気だよ」って頑張っちゃうのかも。。。


診察の結果、脈や心音も異常がなかったので
一時的な発作かもしれないとのことでした。

取りあえず現段階では大丈夫ということで
そのまま家で様子をみることに。


そして、救急病院での診察の結果は掛かりつけの病院へ
報告されるという便利なシステムになっており(←これには感心!)
朝一で森のクマさんから電話がありました。

レオンの様子は、夕べほどじゃないけどやっぱり元気がない。

クマ先生も心配して下さり、休診日だったのですが
急遽レントゲンと心電図の検査を行いました。


一昨日、お薬をもらいに行った時はメチャメチャ大ハッスルだったのに
今日はドッグスリングの中でジト〜〜〜。

「明らかにいつもより元気がないね。」
と先生に言われたけど、やっぱり森のクマさんは大好き☆
看護婦さんにもシッポをパタパタ♪

愛想振りまくことは忘れてないレオンち。


検査の結果を待つ間、
以前より悪化していることを覚悟しましたが
幸い心臓の方は落ち着いているようで
レントゲンで見たサイズは正常範囲。

心電図も若干の不整脈は見られるものの
こちらも異常な程ではありませんでした。

お薬のお陰で大分安定しているようです。


ただし、ホッとしたのも束の間。

心臓より気になる部分が・・・!

それは背骨。

通常、背骨は骨と骨の間に椎間板があり
レントゲンで見ると隙間があるように見えます。

でも、その隙間がなくなってる部分があったのです。


それはダックスなどの胴長ワンちゃんに多い椎間板ヘルニア


現段階では「疑い」の状況ですが
確かにレオンの様子を振り返ってみると
後ろ足に力が入らず前足で踏ん張ってる感じでした。

呼吸が苦しくてそうなってるのかと思ってたけど
実は背中が痛くて動けなくなっていた可能性も・・・涙


気を付けているつもりでもユウリとバトルしたり、
ソファにジャンプしたりの毎日。

追いかけっこしてるのは元気な証拠と呑気に見てた私達ですが
本当はものすごく腰に負担がかかっていたのです。

そして、何気ない動作から神経に触り
動けなくなってしまった可能性があるとのことでした。


あぁ、またしても反省・・・。


まずは痛み止めと抗生物質の注射をし
飲み薬3種類出されました。

これ以上酷くならないように様子を見ながら
コチラの方も、長期戦になりそうです。


そして、お散歩禁止。

もちろんユウリとのバトルは全面禁止。


今はレオンの元気があまりないので
ユウリも心配そうに様子を見ている感じですが
レオンの元気復活した時が問題!

お散歩も禁止なら欲求不満でユウリとバトルしたがるはず。

でも何が何でも阻止せねば!!
それプラス、ジャンプさせないようにしなくちゃ。
ソファやベッドなど段差のある所も気をつけなきゃ。。。


aIMG_4092.JPG


長々とまとまりのない記事で申し訳ありません。

ダックスやコーギーと暮らしてるみなさんも、
高いところからの飛び降りやジャンプなど激しい運動には
どうかくれぐれも気をつけてください・・・。



ニックネーム れおーり at 22:43| Comment(32) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

涙の原因



ユウリのお目目が涙でポロポロ・・・。

aaIMG_4422.JPG

先月あたりから、ユウリの涙の量が多くなり
1週間ほど前から拭いても拭いても
涙が止まらなくなってしまいました。

特に左目!
薬局でホウ酸を買ってきて拭き拭きしても
涙でグッショリたらーっ(汗)たらーっ(汗)

フードが合わないのか
おやつが原因のアレルギーなのか、
それともレオンとのバトルで
目に傷ができてしまったのか・・・。

ドンパッチとユウリの目を見ながら
「もしかしてヒゲが目に入ってんじゃない??」
なんて言いながらヒゲをカットはさみしてみたけど
やっぱりダメ。

原因が分からないままフードで悩んでみたり
ネットで調べてみたり・・・。

そうしている間にも涙の女王になってるので
念のため、今日病院へ行ってきました!

ま、何でもなければそれで安心できるしね♪

やっぱり近くに病院があるって助かるわ〜。
最近はレオンよりユウリの方が
めっちゃお世話になってる森のクマさん。

行ってすぐ、診察台の明るいライトで見て貰ったら
ナント!ユウリのマツ毛は逆睫毛と判明!

今までほとんど涙は出ていなかったのに
ひねくれマツ毛が、目に向かって生えてるよ〜!

しかも何本もどんっ(衝撃)


コイツが原因かぁ〜
こんなに私を悩ませてくれたのはexclamation×2ペシペシッ



家で何度もユウリのマツ毛を見たけれど
全然気付かなかった。


とにかくexclamation
この逆睫毛を抜かないことには
涙は止まらない。

という訳でピンセットを片手にマツ毛抜き開始!


あんな細い、しかも短いマツ毛を
ピンセットで器用に抜く森のクマさん。。。
私だったら怖くて出来ないわ。。。


結局、左目と右目両方に
逆まつ毛が入ってるのが分かり
それぞれ何本か抜いてもらいました。


看護婦さんに押さえられながら
ユウリもじ〜っとガマンexclamation×2
(見てるこっちが痛い・・・)


で、この逆まつ毛。
まだ短いのが何本か残っており、
今回抜いたのもまた生えてくるそうで・・・。

まつ毛で角膜が傷つく前に
伸びて涙が出るようになったら抜く!!


という処置を繰り返すそうです。

念のため、角膜に色素を入れて
角膜検査をしてみましたが
そちらは異常なし☆


ワンコって「目がチクチクする〜」とか
どこがどう具合悪いとか言えないから
やっぱりどこか気になったら
すぐに病院に行くのが先決だなって思いました。

今回も原因をあれこれ悩むより
もっと早く病院行ってれば良かったと反省です。

きっと目がチクチクしてイヤだったよね。

でも、先生に丁寧に抜いてもらって
今はもう涙が出ていませんので
どうぞご安心くださ〜い♪


診察が終わって《続きを読む》
ニックネーム れおーり at 19:41| Comment(16) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

杜都どうぶつ病院へGO♪



レオユウが月一回、心臓のお薬をもらいに行ってる病院は
遠い上に待ち時間も長く、1回につき3時間コースもザラ。

それだけ丁寧に診てくれる安心感もあるのですが
ドンパッチが休みの日にしか行くことが出来ず・・・ダッシュ(走り出すさま)

近くにお散歩しながら行ける病院ができたらなぁ〜と
念じていたらば
ナント近所に新しく動物病院がOPENグッド(上向き矢印)

『杜都どうぶつ病院』

イヌ・ネコ・ウサギ・フェレット・ハムスター・・・
小動物まで診てくれる動物のお医者さん♪

レオユウの薬がそろそろ無くなるので
早速今日、行ってきました♪♪ルンルングッド(上向き矢印)

家から歩いて7〜8分☆
お散歩しながら行くにはちょうど良い距離だワン。


病院に入ってみると
小さいながらもアットホームな温かい感じ。

aIMG_5283.JPG

受付のお姉さんもとっても優しく
お姉さん大好きレオンは
すっかり気に入った様子です犬(笑)

aIMG_5286.JPG

そして初めてお会いした先生の第一印象は・・・

森のクマさんわーい(嬉しい顔)

とにかく大きくて、頼りがいのある先生です。
おヒゲを生やしているけれど
ニコニコ笑ってすっごく優しい感じ♪♪

なので私の中では、すっかり
『クマさん先生』と呼んでいます(笑)


そしてまずは、
レオユウの心臓のこと、今の状態、
薬のこと、受けた検査の結果などを一通り説明し
健康チェックをしてもらいました。


最初にレオン。

体重 4.98kg
体温 39.7℃

目、耳、口、心音など一通りチェック。
診察台に上がると、甘えっ子モード全開のヘタレレオン(汗)
最近太ったと思っていたのにこの体重・・・怪しい。
どうもレオンは、診察台に上がると
体重を軽くする術を身につけているんだよね。。。


次にユウリ。

体重 4.12kg
体温 42.0℃

で、耳をチェックした瞬間
「これは外耳炎になってますねぇ」
あちゃちゃーーーあせあせ(飛び散る汗)
しかも両耳。
2〜3日おきにアルコールでフキフキしてたんだけど
すぐに汚れるユウリのお耳。

レオンが鼻でチュンチュンするから鼻水で汚れるんだと
勝手に思っていたけれど、外耳炎になってるなんてあせあせ(飛び散る汗)

そんな訳で、看護婦さんにガッチリ押えられながら
両耳の治療開始。
この時点ですっかり硬直状態のユウリ。

先生にお薬でよ〜く拭いてもらって
液体のお薬を一日一回、お耳に注入することに。
お薬塗って早く直そうね。


aIMG_5284.JPG
(診察が終わって、ヤレヤレって感じのレオン犬(笑)

aIMG_5285.JPG


心臓のお薬を2週間分と
ユウリのお耳の薬&レオンのカユカユ皮膚用軟膏
を出してもらって今日の診察終了。

気さくなクマさん先生は、
レオユウのことも大事に診てくれて
とっても信頼できる先生でした♪


近くに良い病院ができて本当に助かります。
クマさん先生、これからもどうぞヨロシクです♪


ニックネーム れおーり at 23:30| Comment(8) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ユウリまで・・・

「お散歩♪」の一声で玄関へダッシュし,

リードを着けてもらうのを待ってるお散歩大好きなユウリさん。

お散歩中も元気モリモリ☆

私の顔をチラチラ見ながら嬉しそうに歩きます。

そう言えば先日,その様子を後ろから見ていたおばちゃまに

「真ん中歩いてる子(←ユウリのこと),すっごく甘えっ子でしょ〜?

ママのことしょっちゅう見上げてるわわーい(嬉しい顔)
と笑われてしまった顔(汗)

レオンと正反対で,元気いっぱいに見えるユウリですが

家にいる時はほとんど寝てばかり。

もちろんまったりマイペースのレオンは昼間もずっと寝ていることが多く

ユウリもマネっ子して寝てるのかな〜?とか

2歳を過ぎて落ち着いてきたから?なんて思っていました。



ところが先日,ひざの上でゴロンとユウリが寝ていた時のこと。

ふと感じた脈拍のリズムがどうもヘン・・・がく〜(落胆した顔)

「あれ??」と思ってもう一度リズムを確かめてみると


トン・・・トントン・・トン・・・・・トトン・・・


途中消えたり速くなったりexclamation×2


「まさかユウリまで。。。がく〜(落胆した顔)


ドンパッチも最近ユウリの様子がおかしいと気になっていたらしく

今日レオンが病院DAYだったので

一緒にユウリの心臓も診てもらうことに。。。


《続きを読む》
ニックネーム れおーり at 00:00| Comment(13) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

温かい励ましに感謝☆

   184.jpg

レオンへの温かい励ましと応援、本当にありがとうございます。


みなさんからの優しいお言葉に私自身とても励まされ

言葉にならないくらい心から感謝しております。

先月のユウリのイボに続き、レオンの病気。。。

いつもご心配ばかりかけて申し訳ありません。


その後、レオンはごはんもキレイに食べるようになり

時々オモチャで遊ぶようになりました。

相変わらず朝から晩までゴロゴロ寝てばかりですが少しずつ元気になっています。

気管支炎が治れば、もっと元気になると思うので、しばらくゆっくり休ませようと思います。

いつも見守って下さっているみなさん、たくさんの励ましを本当にありがとうございます。


ここで、今までのレオンの様子を振り返ってみると・・・

・寒いのが苦手 ・走ってもすぐに止まる ・バテやすい

・遊んだ次の日はグッタリ ・時々セキが出る 
 などなど



冬場は特にお散歩に行こうとせず、いつでも元気なユウリを見ていると

「年寄りクサイな〜」と思うことがしばしばありました。


でも、これが心臓に負担がかかっている証拠だったんですね。

それに気付かず、雪遊びをさせようとしたり、夏はプールに入れてみたり。

雪もプールも喜ぶどころか、動けず固まってフリーズ状態(><)

今考えるとレオンにとってはとても辛いことだったと反省するばかりです。



そこで、あまり心臓に負担をかけないように我が家でルールを決めました。

◇◆LEON's ルール◆◇

1.寒い日は服を着せる!(←これって当然?あせあせ(飛び散る汗) 裸族は卒業ね♪)

2.無理に走らせない。

3.雪遊びとプールはユウリだけ!

4.ガウガウバトル禁止!!


毎日の日課となっていたガウガウバトルどんっ(衝撃)

最初は勢い良くお互いバトってますが、大抵レオンの方が先に倒れ

ユウリがレオンにガウガウ〜〜むかっ(怒り)

一見楽しんでいるように見えるけど、実は追いかけっこで逃げ切れず、

レオンが仕方なくお腹を見せてた感じです。

ゼーゼーハァハァ激しくなるのでとにかく全面禁止を発令!!

「レオンにガウガウしちゃダメだよ!」とユウリに話したところ

なんとか理解してくれたようです。

「あたちはガウガウして遊びたいのに〜!!」

ちょっと不満そうですがグっとガマンしてレオンの様子を見ています。

お子ちゃまユウリもこれで少しはお姉さんになってくれるといいのですが・・・^^♪


みなさんからの心強い励ましに感謝しつつ

病気と上手く付き合って行くことを誓います!!

これからもどうぞ見守っていて下さいね。本当にありがとうございました。


ニックネーム れおーり at 18:24| Comment(20) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

レオンの心臓について

今日の天気は曇り。
普段天気が今一つだと、我が家のレオユウも今一つ。
朝からボボボ〜〜〜っとしています。

特にレオンはその傾向が強く、今朝はごはんも食べない。

そんな日はお昼頃にもう一度あげるようにしていますが
どうも今日の様子は少し変。

立ち上がっても歩こうとせずその場でジトーーー。
しかもその立ち姿が少しお尻を下げ、何となく踏ん張ってる感じ!

「どこか調子が悪いの?!」

レオンの顔や体をさすりながら、顔を覗きこむと大きな目が何かを訴えてる。

尻尾が内側に入り、呼吸も普段と違うような。。。


よりによって、掛かり付けの病院は火曜日が休診日。

何でもなければいいけれど、やっぱり不安。
ちゃんと診てもらった方が安心できるし・・・。
インターネットで近くの病院を探しましたが、以前お友達から丁寧に診察してくれると聞いた病院を思い出し、そこへ行くことにしました。

そりゃ急げーーー!!ってことでタクシーを飛ばして急行!
ちょうどフィラリアのお薬も貰わなきゃいけなかったのでユウリも一緒に連れて行くことに。

さすが丁寧なだけあって、1ワンの患者さんに20分くらいかけて診察している。

レオンはボーっとしながら、ユウリは他のワンちゃんにガウガウ言いながら(汗)、
待つこと30分。


ようやくレオンの番がやってきました。 (ココから長くなります。覚悟してちょ☆)
ニックネーム れおーり at 19:19| Comment(12) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

イボボン経過

先日お話したユウリのイボは、お陰さまで小さくなってきました。

昨日病院へ行き2回目の注射を受けた際、

先生からも「このまま自然消滅するだろう」と太鼓判を頂きました。

しばらく注射は続きますが、もう大丈夫とのこと♪

ご心配下さった皆さん、本当にありがとうございました。



今回のユウリのイボで病気に対して自分の知識の無さを痛感。

・腫瘍のうち80%は良性であること。

・1〜2歳の頃はよく出来やすいこと。

・イボを前後左右に動かして、動く場合は良性であること。

・6歳を越えると悪性腫瘍の確立が高くなること。
 などなど

皆さんからたくさんのことを教えて頂き、とても勉強になりました。



言葉がしゃべれないだけに、どこか具合が悪くてもガマンして

元気に見せてしまうワンちゃんですが、

改めて日頃の健康管理や身体チェックの重要性を実感致しました。

早期発見の為にも日々の健康チェックは欠かさず行おうと思います。

ユウリのイボもポロっと自然消滅してくれそうで一安心。

励まして下さった皆さん、本当にありがとうございました☆


180.jpg


昨日はユウリの注射と一緒に、レオンも年に一度のワクチンDAY♪

診察台に乗ったレオンは抱っこ抱っこの超甘えっ子!

恥かしいったらありゃしないふらふらあせあせ(飛び散る汗)

体重を計ろうにも、落ち着かずソワソワしっぱなしです。

何回もリセットしてようやく数値が落ち着いたら、4.75キロ

「ウソ?!いつの間にそんな痩せたん??」

我が目を疑い、何度見ても4.75キロ。

おっかしいな〜。抱っこした感覚は5キロ以上なのに・・・。


怪しいと思いつつ、注射が終わりレオンが脱力した瞬間。

ナント5.3キロにUP!

マジ??そんなことってあるの〜?

緊張のあまり、自分の体重さえ偽ったレオン。

いつの間にか身に付けたその奥義、私にも伝授してよーー!爆

ニックネーム れおーり at 17:01| Comment(12) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

ユウリのイボボン

先日、何気なくユウリの耳を触っていたらポコっとした部分を発見目

image1.jpg


ひっくり返してよく見ると、ピンク色5ミリくらい。

お散歩で虫に刺されたのかな〜と思い、少し様子を見ることに。

そして2日後、ピンクより赤みが強くなってる!!

aIMG_4862_1.jpg


これは怪しい!と病院で診て貰ったところ、

良性腫瘍と診断されました。

足や頭、耳などにでき易い腫瘍(イボ)だそうです。

切除の必要は無く、7割は薬の投与(注射)で自然に消えるらしい。

それを聞いてとりあえずホッ!悪性じゃなくて良かった〜。


塗り薬や飲み薬は特になく、治療としては注射を週1回。

これをしばらく続けます。(1ヶ月以上)


だけど、もし大きくなったり状態が悪くなれば、切除が必要になるそう・・・ふらふら


aIMG_5655.JPG

お願いだからこのまま自然消滅しておくれ〜〜




ニックネーム れおーり at 17:58| Comment(15) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする